MENU

上木島グループ


杉並木の参道が出迎える天然寺

最初にこの写真を見たとき木々の間から照らす太陽の光に魅かれるものがあり、この写真を選びました。ここは南部地区にひっそりたたずむ自然豊かな天然寺。参道を歩けば心が落ち着く雰囲気があります。この辺りはとても静かで車の音は聞こえなく、セミの音だけが聞こえていました。天然寺の宗旨は浄土宗、京都総本山知恩院の直末寺であり阿弥陀如来を本尊とします。このお寺では七年に一度、御開帳大法要が行われており北信濃の伝統行事になっています。次の御開帳は二年後の2019年にあります。厄除開運・家内安全・心願成就などの御祈願申込みは随時お応えしています。

 

 

さわやかな風を稲と共に浴びながら眺められる絶景

上木島郵便局の西に位置する場所で見える景色です。
夏は、さわやかで涼しい風が成長している稲をゆらし、見ている自分自身も涼しくしてくれます。冬では、景色一面に雪が降り積もり、夏とは違った景色が見えます。運がよければイヌやキツネ、タヌキ、サルなどの様々などうぶつの姿や足跡が見られるかもしれません。
さらに、木島平では、どこでもきれいな田んぼの景色を眺めることができます。
僕は冬の夕方に夕日の光が雪に反射し、キラキラと光る雪原と山並みの壮大なシルエットが一緒にみえる景色が、好きでおすすめです。その景色は12月から1月にかけての午後の5時から5時半頃に見ることができます。
田園風景は、季節ごとにさまざまな顔をみせてくれるので、どの季節でも素敵な写真が撮れます。ぜひ実際に来てみてさわやかな風を感じてみてください。

 

 

#中町区 花樽通り

天然寺から集落へ下った所にあるフラワーロード。天気のいい日に来ると鮮やかな色の花を見ることができます。横には水車があり涼しげな雰囲気があります。写真に写っているのは紫のパンジーです。周りの景色と合わせて写真を撮ってみたらどうでしょうか?
ちなみに紫のパンジーの花言葉は「思慮深い」です。
英語では「You occupy my thoughts(あなたのことで頭がいっぱい)」というそうです。ぜひ写真を撮ってカップル同士で同じケータイの壁紙にしてみたらどうでしょうか?