MENU

穂高グループ

これは、龍興寺清水から蓮寺に行く途中にある青いアジサイです。
普段は、余り注目しないけど、立ち止まって見るとこんなにきれいに見えます。

 

アジサイの種類

世界には、2000種類以上のアジサイがあり、このアジサイが何の種類かわかりませんでした。ですがアジサイは土の成分で色が変わるそうです。このアジサイは青色のアジサイなので、この土は酸性ということがわかります。
ちなみに僕の家には、ピンク色のアジサイが咲いていて、調べてみると中性とアルカリ性の土で育つようです。

 

木島平周辺のアジサイ

飯山市高源院{こうげんいん}
1万本のアジサイが群生しており、別名「あじさい寺」として親しまれている。
青やピンクなどのアジサイが北信濃を彩ります。
6月下旬~7月上旬が見ごろです。

中野市東山公園{ひがしやまこうえん}
中野市の東側の高台にある東山公園は、市街地の奥の北信五岳を見ることができます。
梅雨時はアジサイの撮影スポットで、夕暮れ時の撮影が特にオススメです。
北信五岳が見渡せることから長野県サンセットポイント100選にも選ばれています。

中野市谷厳寺{こくごんじ}
長野県中野市にある寺院。井戸から湧き出る「延命水」は「信州の名水」に認定されています。
夏にはアジサイが境内を彩ります。石垣と白壁とアジサイという日本の美ともいえる風景が広がります。

 

 


左に見える坂を150メートルくらい登ると、稲泉寺があります。
この坂を登っていると、綺麗な景色が見えます。

稲泉寺は、開山400年以上のお寺でお寺を囲む蓮田に10万株の古代ハス、大賀蓮が植えられており、7月上旬から8月上旬にかけて桃色の美しい花を咲かせます。
普段あまり見かけない蓮の花がたくさん咲いています。

 

大賀蓮の名前の由来蓮について

昭和26年に東京大学検見川農場内を発掘調査したとき、大賀一郎博士によって蓮が発見されたので、その蓮は大賀蓮と言います。
見頃に当たると、とても綺麗な形の蓮の花を見ることができます。

蓮は植物のなかでも、もっとも古いもののひとつです。およそ 1億4000万年前に、すでに地球上に存在していたといわれています。蓮の花の最適な観賞時間は、朝7:00~9:00頃までです。
蓮の花の命は4日と言われています。

 

 


これは、下高井農林高校近くの田んぼです。
この時は、ちょうど緑がかっていて、綺麗です。

木島平のお米

新潟と並び雪の深い土地として知られる長野県北部にある木島平で栽培される木島平米コシヒカリは、春の冷たい雪解け水と有機質堆肥で丁寧に作られた肥沃な土地、稲作に適切な気候によっておいしくなります。
しかしそれだけではなく木島平米の生育にかかわるすべての村民のお米に対する熱い思いがすべて重なりおいしいお米を、育てます。
手塩にかけて育てられた木島平米は旨みと甘みが、絶妙なバランスで、食べた食感はモチモチ。このお米の特徴は冷めてからでもおいしくお子さんの弁当やおにぎりにしてもおいしいお米です。