MENU

花だより

更新日:2018年4月20(金)

北信州木島平村から、今旬のお花情報をお届けします!

こちらを参考に、四季折々のお花を楽しみに木島平村へお出かけください。

 

【福寿草】※見頃終了

●御魂山公園の福寿草群生地

木島平村で福寿草といえば、原大沢地区の御魂山公園の福寿草群生地。地区の皆さんが20年以上かけて、大切に守り育ててきました。
木島平村の村花でもある福寿草を眺めながら、春の一日を楽しく過ごしませんか。

《基本情報》
アクセス:馬曲温泉へ向かう県道354号線から「福寿草群生地」の看板を右に入り、約600m進む(地図はこちら
駐車場:あり(無料)

《開花状況(2018/4/20)》
福寿草の見頃は終了しました。また来年をお楽しみに!

【桜】

●ケヤキの森公園

公園を囲むように植えられた桜は圧巻です!
広々とした芝生広場には遊具もあり、そばを流れる川では水遊びもできるので、お子供さま連れには最適のお花見スポットです。また、園内にはマレットゴルフコースやグラウンド、屋内運動場、テニスコートもあり、幅広い年代の村民から親しまれています。

《基本情報》
アクセス:木島平小学校横の坂道を約500m進む(地図はこちら
駐車場:あり(無料)

《開花状況(2018/4/20)》
グラウンド周辺の桜は散り始め、葉桜となっています。芝生広場周辺の桜は、散り始めているものありますが、種類によってはちょうど満開を迎えている桜もあります!

●御魂山の神代桜

御魂山の福寿草群生地の少し奥にある桜の老木で、植物学の分類では「エドヒガン」と言います。エドヒガンは、長野県内で見られるサクラ類では最も寿命が長い桜で、この神代桜も推定樹齢400年と言われています。村の天然記念物に指定されており、太さは4.52m、高さは26mにもなります。
往郷に伝わる民謡に、「桜まだかや 御魂の山 平菜種の花盛」と謡われており、昔から人々に愛されていたことが伺えます。

《基本情報》
アクセス:馬曲温泉へ向かう県道354号線から「福寿草群生地」の看板を右に入り、福寿草群生地からさらに約200m進む(地図はこちら
駐車場:あり(無料)※桜のすぐ近くに3~4台駐車できます。

《開花状況(2018/4/20)》
満開~散り始めです。

 

●往郷村役場跡のシダレザクラ

かつて往郷村役場があった場所の名木として知られており、村の天然記念物に指定されています。樹齢は約300年と推定され、太さは2.82m、高さ約20mで、しだれ桜としては村内一の巨木です。植物学上の分類は、バラ科エドヒガンの枝垂れ型のイトザクラといいます。
この名木はこれまで、庚のシダレザクラあるいは西小路のシダレザクラと呼ばれてきましたが、平成27年11月に標記の名称に変更されました。

《基本情報》
アクセス:木島平小学校下交差点近く(地図はこちら
駐車場:なし、近隣の迷惑にならないようご配慮ください。

《開花状況(2018/4/20)》
花はずいぶんと散ってしまい、葉桜となっています。