MENU

先人達より引き継がれる高品質な酒米

木島平村が大切に育てる「酒米・金紋錦(きんもんにしき)」

酒米「金紋錦」は、長野県の奨励品種として1964年から県下の多くの地域で栽培が始まり、木島平村でも当初から取り組んできました。しかしながら、その栽培技術の難しさから次第に生産量が減少していくなかで、これまで唯一この酒米を守り続けているのが木島平村です。
一方、酒蔵では、石川県の酒造会社である㈱福光屋が、木島平村とともに、今まで金紋錦を扱ってきました。
福光屋と旧木島平村農協酒米部会との取引が始まった1973年、本村では、県経済連と酒造協会が協業して、「酒米搗精所」が建設されました。これは酒米の精米が主たる目的でしたが、これに合わせて配給米の精米も行い、古くから米どころとして知られていた木島平村と木島平米の更なる底力を示したいという思いからだそうです。
その後、1988年からは福光屋、木島平農協、県経済連との三者による契約栽培が開始され、その間、「高品質実証圃栽培試験」に代表されるように栽培技術や品質の更なる向上を目的とした地道な努力が続けられてきました。
300俵余りから始まった金紋錦の取引は、ピーク時にはその10倍以上に拡大しました。
村では、2001年から環境保全型農業を掲げ、県の栽培基準から化学肥料を半減した特別栽培米を推進してきています。「金紋錦」も2005年からは全契約量を特別栽培米として、また最近では一部「JAS有機栽培」による酒米づくりにも取り組んでいます。
2017年現在、金紋錦を扱う蔵元は23蔵に拡大してきており、金紋錦の栽培の歴史は、木島平村の持続可能な農業生産の礎となっています。旨くて軽いことが分かる時代に、金紋錦の信奉者がさらに増えることを祈っています。

英文学者 吉田健一氏が選んだ日本酒「黒帯」
吉田茂元首相の長男で英文学者の吉田健一氏は食通、愛酒家で知られ、昭和40年(1965年~)代、金沢に旨い酒と料理を求めて冬に何度も足を運んだそうで、その折には福光屋を訪れ酒宴を楽しまれました。彼の代表作の『金沢』や『舌鼓ところどころ』などに当時の描写があり、その彼がある来訪の時に福光屋の先代にこういう注文を出されました。「さらにするりと飲める酒が造れないか」、これが黒帯という酒の開発の発端となりました。

様々に当時の醗酵技術を駆使して試作に取り組み、ようやく試飲していただける段階にさしかかり、彼がこれでいいと言い、一段上の酒、酒の有段者が飲む酒ということで「黒帯」という名前を頂いたそうです。

その時に彼が書いた黒帯の描写がコチラ。

「酒はただ飲めばいいようなものでも味がただの酒と思わせるものでなければならない。それを飲む方はそれでいいのであっても、その酒を造る方の苦心は並大抵のものではない。言はば苦心すればする程ただ酒でしかないものが出来上って酒好きを喜ばせるといふことになるのだらうか。「黒帯」はさういう酒である。」(「白山の雪」より)

この「ただ酒でしかないもの」という酒がどういう酒なのか、それは「旨くて軽い」という味のようで、酒の理想型として福光屋の酒造りの方向性となりました。旨いことは分かりやすいのですが、当時まだそれほど世の中が豊かでなかった時代に、この「軽い」ということはなかなか難しいことであったそうです。 金紋錦が福光屋にとって重要な米であるのは、この軽さを出せるからと言われています。
今となれば、この成熟した豊かな時代に、「旨くて軽い」という概念は理解されるようになりました。金沢の老舗料亭をはじめ、数々の食の職人に鍛え、育てられ、現在多くの食通、酒通の方々からその味わいを認められています。とくに燗をすると味わいがふくらむ「燗上がり」の酒を目指し、和食に合うのが特長です。

※ご購入は村内酒店または各蔵元まで。

福光屋ウェブサイト

http://www.fukumitsuya.co.jp/

 

 

こだわりたっぷり木島平のお酒「内山乃雫」

夏といえば、ビール!ではなく、木島平村に来たら、日本酒がおすすめ。
今回ご紹介するのは、木島平村のお酒「内山乃雫」。

木島平村産“ひとごこち”と、木島平村の名湧水“龍興寺清水”でつくられた、まさに“木島平村のお酒”。ラベルにも江戸時代から内山地区に伝わる“内山和紙”を使っています。

そんな「内山乃雫」の知られざるエピソードと、“雪中貯蔵酒”プロジェクトについて、インタビューをまじえてご紹介していきたいと思います。これを読んで、ぜひ木島平村で「内山乃雫」をお楽しみください。

 

酒造×生産者×酒屋 ご縁がつながった誕生秘話

名前にある内山は、地区の名前。内山地区のお水とお米で醸されたお酒だから、「内山乃雫」。名づけ親は、内藤酒店のご主人の内藤さん。村内で、木島平産酒米でつくられたお酒を多数取り扱う、村の酒屋さんです。

「木島平でしか買えないお酒がつくりたかった」と、もともとご縁のあった志賀泉酒造の中山社長に「木島平のお酒をつくってもらえないか」と話したのが誕生のきっかけ。いろいろなご縁がつながっていき、翌2011年に“木島平村のお酒”が完成。

「とにかく、地元の農家さんの収入を増やし、うちが売ることで農家が潤ってくれたら」。農業で生計がたてば、若者の新規就農や人口増にもつながると、内藤さんは期待を込めます。

 

いいお米といいお水でつくるおいしいお酒

 さて、気になるお味はというと、“女性でも呑みやすいお酒”。内藤さんによれば、いわゆる“名酒”よりもおいしい、と言うお客さまもいらっしゃるとか。呑みやすさの訳は、精米歩合。お米を58%まで磨いたお酒は、ふつうでいえば吟醸酒。「それを買いやすい価格でつくり、より呑みやすいお酒にしていきたい」という志賀泉酒造さんの想いの結晶です。

中野市に本社を置く志賀泉酒造さん。おいしいお水とお米を探していたところ、ご縁が結ばれたのが木島平村でした。お米を炊いてもおいしい軟水の内山地区の湧水“龍興寺清水”は、酒造りにも最適。このお水を使うようになってから、品評会で金賞を受賞したこともあり、中山社長は「水の力というのは確実にあるもの」と強く感じたそうです。

「木島平の皆さんに喜んでもらいたい。米と水の力でもっともっといい酒をつくる、木島平っていう地域をいかせれば」と中山社長は仰います。

 

豪雪地帯をいかしたプレミア日本酒“雪中貯蔵酒”

そんなこだわりと想いが詰まった「内山乃雫」。さらに、もうひと味、違った楽しみ方ができるのが“雪中貯蔵酒”。

豪雪地帯である木島平村。「雪に埋めてみたらおいしくなるのでは」と、「内山乃雫」を雪に埋めて春先にのみくらべをしたところ、その味の違いに全員が驚きました。雪に埋めると、“かど”がとれて味がまろやかになるといいます。雪の利活用に知識のあった当時の地域おこし協力隊員も中心に加わって、「内山乃雫」完成の翌年から、早くも雪中貯蔵酒の取り組みが始まりました。

はじめ400本だったものが、1000本・・・と増えていき、6回目となる2018年は、4000本を超える本数が貯蔵されました。貯蔵期間も最長の4か月。特に、火入れをする前の“生原酒”は、掘り出しの場に立ち会った人だけが味わえる貴重な味。雪室から取り出す頃になると、問い合わせのお電話をいただくこともしばしば。県外からも人気の雪中貯蔵酒は、年内には売り切れてしまうものもあるほど。

また、呑んでおいしいだけでなく、この雪室の取り組みは、長野県1村1自然エネルギー取組事業の対象にも認められ、ますます多彩な可能性を含んだ取り組みになってきています。

 

△2018年6月29日(金)発行の『北信ローカル』記事より
北信ローカルサイトはこちら→〔http://www.shinshu.co.jp/

 

生産者さんに聞くこだわり

現在、「内山乃雫」につかう酒米を生産しているのが「内山酒米研究会」の島崎さん、竹内さん、日台さんの3名です。会長の日台さんによると、「売れてきているからだんだん(作付)面積は増えている」と言います。内山地区は水が冷たく、そのため、収量も少ない土地柄。しかし、その分おいしいお米がとれるのです。

「1年ごと違う。毎年勉強だ。いいものをつくって呑んでもらって、うまかった、よかった、せって(言って)もらえれば生産者としては嬉しいこと。」と日台さんは仰います。やはり、「売れてきているのは、作っていてやりがいがある」とのこと。現状に満足することなく、よりおいしい米づくりにかける想いも聞かせていただきました。

 

たかが、一杯。されど、一杯。いろいろなご縁が重なり生まれたストーリーを想いながら呑むお酒は、格別です。呑むひとによって好みが違うのもまた日本酒のおもしろいところ。

どの「内山乃雫」がお好みか、内藤酒店に行って、内藤さんのお話を聞きながら、ぜひ呑みくらべをして、お気に入りの一本を見つけてみては?

 

そんな「内山乃雫」を買うなら

●内藤酒店

住所:〒389-2302 長野県下高井郡木島平村大字往郷974 (地図はこちら

TEL:0269-82-2470

 

●丸山酒店

住所:〒389-2302 長野県下高井郡木島平村大字上木島2508-6(地図はこちら

TEL:0269-82-2215

 

 

●志賀泉酒造株式会社

住所:〒383-0024 長野県中野市東山 3番1号389-2302(地図はこちら

TEL:0269-22-3322

URL:http://shigaizumi.jp/company

 

こちらもチェック!

●龍興寺清水

「内山乃雫」に使われている水はこちら。環境省の「平成の名水100選」にも選定されている木島平が誇る名水です。この清水を求めて、地元住民だけでなく遠方から訪れる方もいます。

住所:〒389-2301 長野県下高井郡木島平村穂高1282(地図はこちら

 

●内山手すき和紙体験の家

「内山乃雫」に使われているラベルは、江戸時代から優れた障子紙として知られている「内山和紙」。内山手すき和紙体験の家では、紙すき体験の他、手すき紙製作・販売も行っています。旅の記念に、はがきやうちわ等のオリジナルの作品をつくってみてはいかがでしょうか。

住所:〒389-2301 長野県下高井郡木島平村穂高1143(地図はこちら

TEL:0269-82-4151

営業時間:9:00~17:00

定休日:毎週水曜日

URL:http://kamisukiya.com/