MENU

★木島平未来塾・中学生レポーター★馬曲温泉&龍興寺清水 編

木島平中学校の総合的な学習「輝け!木島平未来塾」で地域の方々に学んだり地域の魅力を発信したりしている活動のなかで、「村民レポーター」として書いてもらった記事を紹介します。

◇ 昨年から始まった「未来塾」の説明はこちら→ 未来塾について

◇ 過去の未来塾生たちの記事はこちら→ 〔やるぞ!村民レポーター〕/〔やまびこの丘公園 編

それぞれのレポート記事の原版(PDFファイル)は〔 〕内URLをクリックすると見られます。

馬曲温泉
いろはレポーター
みつきレポーター
らいむレポーター

龍興寺清水
こうせいレポーター
みくレポーター

 

 

馬曲温泉からの景色 いろはレポーター

:温泉の外から見た景色

雨の日で遠くの山まで見渡せられませんでしたが、周りは自然にあふれていて絶景でした。
天気がいいと城山、高社山が見られます。緑が多くて心が安らぎます。温泉と景色の両方を同時に楽しめます。

 

:露天風呂に向かう道

小さな橋を渡ると露天風呂に向かう道があります。木がたくさんあって日陰がとても涼しいです。
春は若葉、夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪景色を楽しむことができます。季節によって景色が変わるので飽きません。いつ来ても素晴らしい景色があるので一年中おすすめです。
また、たくさんの種類の植物があります。歩くと風が気持ち良いですよ。

ちなみに従業員さんのおすすめは一年中です。

 

露天風呂 らいむレポーター

男性用の露天風呂は、2つあります。
女性用の露天風呂は、1つです。
温度は39度と少し低いですが、ゆっくりできるのでとてもいいです。

室内には、男女とも1つずつお風呂があります。


適応症は、神経痛、筋肉痛、関節痛などいろいろあります。
温度は39度と少し低いですが、ゆっくりできるのでとてもいいです。


ソフトクリームも売っています。
このソフトクリームは、木島平産の生乳100%なので濃厚です。
ぜひ休みの日に行ってみてください。

 

食堂 みつきレポーター

ここが馬曲温泉の食堂です。
食事はもちろんのこと、牛乳やアイス、お土産、地元産の野菜などを買うこともできます。休憩をしたい場合は違う場所にある「いこいの家」で休憩ができます。

この食堂のオススメメニュー1つ目は、馬曲定食です。

馬曲定食は地元の食材をたくさん使っています。笹寿司、名水火口(ぼくち)そば、天ぷら、手作り冷やっこがついたお得な定食です。この馬曲定食は数が限られているので、お早めに!

おすすめメニュー2つ目は、名水火口(ぼくち)そばです。


名水火口そばは、地元産そば粉の使用を基本とし、環境省にて平成の名水百選に選定された龍興寺清水をはじめとした、木島平村の豊富で清らかな名水を使用しています。つなぎには北信地方でのみ独自に使われる貴重な雄山火口(おやまぼくち /やまごぼう)を使用した、風味豊かでのど越しがよく、噛みごたえのある手打ちそばです。
この2つは、人気のメニューでもあります。他にもメニューはたくさんあるので馬曲温泉に来たらぜひ食べてみてください!

 

龍興寺清水 こうせいレポーター

ここは龍興寺清水です。天然水が湧いていて「平成日本の名水百選」に選ばれています。右上の写真から湧いています。

一日に約120万ℓもの天然水が湧いています。(牛乳パック120万本)一時間に約5万ℓ、一分間で約800ℓ、一秒間で約10ℓほど湧いていることになります。

龍興寺清水は軟水で硬度が18ほどです。某・赤い炭酸飲料会社から出ている「い・ろ・〇・す」の硬度は約27~40ですので、飲み心地はスッキリしていて甘く、口の中に残るような感じです。とても飲みやすい水で、この水でお茶を沸かしたりご飯を炊いたりする人もいます。

また、この龍興寺清水をつかった龍興寺サイダーがあります。


現在は販売を停止していますが、以前は木島平村に5000円以上の寄付をすると龍興寺サイダー240ml×12本もらうことができました。

龍興寺サイダーがこだわっている所として

・糖度が8度以下で甘さ控えめ
・炭酸控えめ
・飲みきりサイズ
となっており、高齢者やお子様にもやさしいサイダーです。

 

龍興寺清水の歴史 みくレポーター

龍興寺清水

かつて、この池にあったお寺の名前から龍興寺清水と呼ばれています。運が良ければ、水がぽこぽこと湧いているところが見られるかもしれません!

龍興寺清水の歴史

ここは昔、有名な弘法大師が日本中をまわっていたとき内山に立ち寄り、そのとき村人に「水が欲しいか、お湯が欲しいか」と聞き、村人は「水が欲しい」と答えたら数日してここに清水が湧き出したと言われています。

そして今では、たくさんの人が利用しています。
ぜひ、みなさんも行ってみてください!