MENU

リニューアルした「道の駅FARMUS木島平」へようこそ!

平成27年5月に旧トマト工場の面影を残しながら、木島平村に誕生した道の駅FARMUS木島平。

平成30年7月20日にリニューアルオープン。

レストランはそば処「村」に、カフェは村内のスイーツ店の2号店、直売所は今までの場所から変更し道路側の見える場所に、新たにスラックラインパークがオープンしました。

 

木島平村初の道の駅。オープンまでには長い道のりがありました。そこで、道の駅誕生までの生い立ちをご紹介します。

 

 ◆木島平村の誕生と加工トマト

木島平村が誕生したのは、昭和30年2月1日。穂高村、往郷村、上木島村の3村が合併し誕生しました。木島平村は、立村当初から、観光と農業により村づくりを行ってきましたが、合併当初はスキー場などの観光施設もオープンしたばかりで、村民の所得は農業が主でした。そんな中、初心者でも比較的簡単に栽培ができるのが「加工用トマト」でした。

 

◆生食用トマトと加工用トマトの違い

皆さんがいつも食べているトマトは、「生食用トマト」と言われ、露地やビニールハウスで栽培されていますが、「加工用トマト」の畑はどこも露地にあり、真夏の太陽をいっぱいに浴びられるよう、茎が地を這うようにして伸びています。つまり、収穫は夏だけ。
「加工用トマト」はケチャップの原料として、契約栽培による安定的収入が得られ、稲作からの転作作物として栽培され生産が拡大。日本では主にトマトケチャップやトマトジュース用原料として、長野、福島、茨城等の少数地域で集中生産されていたそうです。

 

 ◆トマト加工工場「デルモンテ木島平工場」の誕生と閉鎖

こういった全国的な波を受け、木島平村にも、加工用トマトの工場が出来たのは昭和50年。日本有数のトマト加工会社「デルモンテ」が木島平村の肥沃な大地に目をつけ、デルモンテ木島平工場を建設しました。軌道にも乗り、昭和55年には建物を増設して、加工体制を確立していきました。
しかしながら、昭和48年のトマトピューレ、トマトペースト輸入自由化後は国産のトマトの需要が減少し、トマトケチャップは輸入原料、トマトジュースは国産原料に分かれることとなりました。その波は木島平村の加工用トマト生産にも打撃を受け、昭和54年には48tであった出荷量が平成8年には、3tとなりました。
日本デルモンテも、このような国際的な波によりデルモンテ木島平工場を閉鎖せざるを得ませんでした。そして、平成22年、デルモンテ木島平工場(東北デルモンテ、福島工場も同時に)は閉鎖され、その業務はデルモンテ更埴工場へ移管されました。

 

 ◆「デルモンテ木島平工場」跡地の取得

木島平村では、単純に農産物を売るだけではなく、農産物を加工し、付加価値をつけ販売する「6次産業化」に取り組むため、平成24年に「デルモンテ木島平工場」を買収・改修し、農産物加工施設を建設すること決めました。
平成26年、国補助金等を活用し、旧トマト工場であった施設を改修し、「FARMUS木島平」を建設。「FARM」は農場、「US」は私たちを意味する造語です。また、村の入口という立地条件から、道の駅の基準も満たし、24時間トイレや自動販売機の利用が可能となっています。
また、本施設には旧トマト工場であった面影がたくさん残り、トマトを煮た時の蒸気を排出するダクト、排水用に傾斜した床、工場を照らしていた水銀灯、地下水をろ過する貯水槽…。写真を掲示していますので、工場当時の姿を思い浮かべながらご覧ください。

 

 

≪各施設のご紹介≫

1.そば処「村」 定休日:火曜日 11:00-14:00

木島平村特産「名水火口そば」や木島平米の中でも最高級米である「村長の太鼓判」を使用したおにぎりなどが味わえます。旬の野菜のてんぷらも絶品です。

主な料理のご紹介

①名水火口そば

木島平村産のそば粉と地元の清らかな水、つなぎに北信地方でのみ使用される貴重な雄山火口(オヤマボクチ:ヤマゴボウの葉)を使い、二八で打ち上げた風味豊かでのど越しよく、噛み応えのある手打ちそばです。

ざるそば 800円

5種の野菜天ざる 1,100円

②木島平十割そば

木島平村産のそば粉を100%使用し、こだわりの製法で乾麺にしました。のど越し、そばの風味とも非常によく、お土産に最適です。ご家庭でも、本格的な十割そばとそば湯を味わっていただけます。

③ご飯

なんといっても木島平村は米のコンクールと呼ばれる「米・食味分析鑑定コンクール国際大会」で最高賞の常連であり、木島平米は、モチモチとした食感と深い甘味が特徴。木島平米の中でも最高級ブランドである「村長の太鼓判」は、厳しい栽培基準である特別栽培米のうち、さらに収穫前の数値審査で最高の数値を示したコシヒカリのみで仕上げた逸品です。

村長の太鼓判おむすび2個 150円

たまごかけご飯(木島平産丸大豆使用のこだわり) 250円

④天ぷら

揚げたてのかき揚げや天ぷらも人気。

季節の野菜かき揚げ 150円

5種の野菜天ぷら盛り合わせ 400円

 

2.カフェ「CAFE REVE」 定休日:月曜日 10:00-17:00

しぼりたて牛乳の濃厚な味わいを醸し出すのは人気のジェラート。また木島平産の農産物をたっぷり使ったキッシュも人気。軽食のランチセットも販売中。おすすめは、木島平村池の平地区にある酪農場から運んだこだわりのミルクをぎゅっとしぼった「しぼりたて牛乳」のジェラート。また、コーヒーはお隣飯山市のコーヒー店からCAFE REVEオリジナルブレンドのコーヒー豆を取り寄せ、風味豊かなコーヒーが味わえます。

①お食事

キッシュ 1カット 380円(税抜)

キッシュランチ(軽食) 780円(税抜)

各種タルト 1カット 380円(税抜)

※タルトなどにはお好きなジェラートが乗せられます(+税抜150円)

 

②飲み物

コーヒー(ホット、アイス) 350円(税抜)

エスプレッソ 400円(税抜)

紅茶(ホット、アイス) 350円(税抜)

玄米コーヒー 350円(税抜)

志賀高原ビール 600円(税抜)

 

③ジェラート

コーン・カップをお選びください

シングル 350円(税抜)

ダブル  400円(税抜)

 

3.農産直売所 定休日:水曜日 10:00-17:00

木島平村は全国に先駆けて「有機の里・木島平」に取り組んできた村は、農林水産大臣賞を受賞するなど美味しい米が育つ米どころとして全国的にも知られています。直売所では木島平米をはじめ、木島平産そば粉100%を使用した十割そば(乾麺)、丸大豆しょうゆ、黒豆菓子などこだわりの逸品を販売。旬の農産物も販売中。

 

4.スラックラインパーク

朝の情報番組でも取り上げられるなど人気が高まりつつある「スラックライン」。その人気スポーツが気軽に楽しめる場所が道の駅内にオープンしました。パークでは、3本のスラックラインをはじめ、落下する心配のないスラックレールを完備。様々なスポーツの基本となる体幹が鍛えられ、日頃も運動不足も解消できます。利用は無料ですが申請書の記入が必要です。自己責任の範囲でけがの無いようにご利用ください。

印刷して記入の上ご持参ください。 道の駅スラックラインパーク誓約書

 

≪問合せ≫

道の駅 FARMUS木島平

〒389-2303 長野県下高井郡木島平村大字上木島38-1

Tel&Fax 0269-62-2201

http://www.farmus.jp/

MAIL:michiekiアットマークpal.kijimadaira.jp

アットマークを@に変えてください