MENU

\3月2日(木)雪の中でおいしくなぁれ! 日本酒の雪室入れ!/

 

木島平村内山地区の3人の米農家のみなさんが栽培している「酒米・ひとごこち」。ひとごこちと内山の龍興寺清水で作った日本酒「内山乃雫」をご存知ですか?

 

出来たての日本酒「内山乃雫」を雪の中に入れて熟成させる「雪中貯蔵」の取り組みが本日行われました。

 

試飲会で「雪中酒にしたらどんなになるんだろうか?」というちょっとしたつぶやきから始まった取り組みで、開始初年目は約400本、3年目は2,000本でしたが、好評により5年目の今年はなんと4,000本以上のお酒(純米酒、本醸造酒)を約4か月間雪中貯蔵します。

雪中貯蔵をすることにより、日本酒がまろやかになるとのこと。

室出しは、6月下旬から7月上旬です。

その商品は村のふるさと納税でも取り上げられ、即日完売になるほど大人気です!

https://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/item_detail/20562/121262