MENU

木島平村出身の俳優「常田富士男」さん死去

「まんが日本昔ばなし」の語りなどで知られる俳優の常田富士男(ときたふじお)さんが7月18日、東京都内の病院で死去されました。81歳でした。

常田さんは昭和12年に長野県木島平村で生まれ、劇団民藝の養成所を経て、昭和35年に米倉斉加年さんらと劇団を結成して演劇活動を行いました。

木島平村に「農民芸術ふう太の杜」が誕生してから現在に至るまで、木島平村馬曲地区にある古民家「郷の家」で開催されている「語り部交流会」に中心的立場で参画し、日本昔話の風情が残る木島平村で創作活動に励まれていました。

謹んでお悔やみを申しあげます。