MENU

\7月14日(土)炎の奇祭・内山柱松子神事/

今年も、内山地区で、“炎の奇祭”と言われる柱松子(はしらまつこ)が行われます。

柱松子(柱松柴燈神事・はしらまつさいとうしんじ)とは、修験者がかつて行った「験競べ(げんくらべ)」に由来する火祭り神事です。2本の柱松に、それぞれ火打石で火をつける速さを競い、2本立つ柱松のどちらが先に火がつくかで、天下泰平か五穀豊穣かを占います。

2005年には、飯山市瑞穂の小菅神社「柱松柴燈神事」と、木島平村内2つの「柱松子(内山・南鴨)」の3つを合わせて「北信濃の柱松行事」として、国の選択文化財指定を受けました。内山柱松子では、内山地区のお宮から神輿・灯篭・祭りの道具を持った行列が出発します。その間に、神輿が行列から離れたり戻ってきたりを繰り返し、1時間半ほどかかって村内を練り歩きます。
内山地区の大日堂前で行われる、天狗のシメ切り(火のついた松明で注連縄を切る動作)や、神輿が炎のまわりを勢いよく動く勇壮な姿は、圧巻です!

ぜひ、皆さまお出かけください。

開催日:2018年7月14日(土)

時間:
午後8時00分 内山地区のお宮に集合⇒行列出発
午後9時00分~9時30分頃 大日堂前にて神事
※時間はあくまで目安です。終了は、例年午後11時00分頃まで行われます。

場所:八幡神社(地図はこちら⇒https://goo.gl/maps/Y4i28MEbJCu

大日堂(地図はこちら⇒https://goo.gl/maps/G1EL1ZaXaE62

 

関連リンク(それぞれクリックしてください):
昨年の様子 木島平村役場ホームページ フォトニュース ※木島平村行政ページトップ画面の「キーワード検索」より『内山柱松子』と入力頂くと過去の記事もご覧頂けます。

動画 木島平村役場ホームページ「ほっとチャンネル」

北信濃の柱松行事について 文化庁 文化遺産オンライン

 

お問い合わせ:木島平村役場 電話0269-82-3111(代表)※「内山柱松子の件」とお伝えください。